• HOME
  • スーパーグローバルハイスクール(SGH)

スーパーグローバルハイスクール

高校2年SGコースの海外フィールドワークの様子【5日目】/ SG class field work abroad. Day 5:Discovering Singapore

 

 

平成29年11月2日(木)、本日はシンガポールで終日を過ごしました。

午前中は、キッコーマンのシンガポールの工場を訪ねました。シンガポールは、アジア市場の拠点として設立され、既にしょうゆ文化のある地域へあえて「日式醤油」の販路拡大を試みる難しさとその工夫、ハラル製品の販売などSGコースにとっては、まさに学習の宝庫でした。みんな熱心に話を聞き、質問も活発に飛び交いました。

 

午後からは中華街で食事をとり、その後インド人街、アラブ人街を散策しました。民族毎に文化背景が異なるため、それぞれ異国情緒たっぷりの街並みに生徒たちは興味津々でした。

 

夕方からは、シンガポールが自国で水の精製を行うニューウォーターの工場を見学し、高度な最新の浄水システムについて学習しました。水に困ることの少ない日本に住む私たちにとって、水が貿易ツールになることは驚きでした。また、工場にある設備には日本企業の機材が使用されていることを知り、よい刺激となりました。夜は、ナイトサファリへ。目の前の野生動物にみんなの歓声が上がりました。

丸一日活動し少し疲れもありましたが、深夜にチャンギ国際空港を出発し、11月3日朝に全員元気に帰国いたしました。

 

フィールドワークで得た学びをこれからの探究活動に存分に活かしてほしいと思います。

 

Time flies when you’re having fun! This is the last day of our field trip to Malaysia and Singapore.  After departing Malaysia, we stopping in Singapore to visit Kikkoman Singapore Inc.  Kikkoman is a famous Japanese brand of soy sauce , as well as other flavorings. We learned about how Kikkoman promotes Japanese soy sauce to the Aisan market.  Since each Asian country has its own soy sauce, Kikkoman has had to put in a lot of effort to promote their brand. One interesting point we discovered is that Kikkoman provides halal soy sauce to the Muslim market.

Students enjoyed lunch in Chinatown, then spent time exploring the Little India and Arab Street areas.  By observing the interactions of people with many different cultural backgrounds, the students got an idea what it would be like to live in a more diverse society.

Students then visited PUB NEWater to learn how Singapore supplies clean water to its people.  We were delighted and surprised to find that some of the equipment and machinery used was produced by Japanese companies.

We hope that all the experiences the students had during this field trip will help broaden students’ interests and knowledge.

 

  

高校2年SGコースの海外フィールドワークの様子【4日目】/ SG class field work abroad. Day 4: Activities at the sister school

 

平成29年11月1日(水)、午前中は再びスルタンイブラヒム女子高校(以下SIGS)を訪ねました。

魚を使ったマレー料理作り体験を楽しく会話を弾ませながら行い、昼食後、フェアウェルパーティーを開いていただきました。この日は学校を去られる先生の退任式と偶然重なり、両方を兼ねて全校生徒参加のセレモニーとなりました。SIGSの生徒たちの歌や劇といった笑いあり涙ありの中で、本校の生徒はダンスを披露し踊り終わると同時に、SIGSの全校生徒や教職員の方々より喝采を浴びました。

その後、すっかり仲良くなったバディともとうとうお別れ。お互いに名残は尽きませんが、再会する約束を交わしSIGSを後にしました。

 

On November 1st, we held a cooking competition with SIGS students in the morning, then attended the farewell ceremony for a SIGS teacher transferring to a different school. Nakamura’s SGH students performed at the ceremony to show our gratitude for all the work SIGS has done in hosting us.  It was a touching moment, and we saw several of the SIGS students shedding tears as they said goodbye to a special teacher.

 

  

  

 

午後からはマレーシア工科大学へ。ハラルや食に関することを学生からプレゼンをしていただき、その後、ディスカッションを行いました。その内容をポスターにまとめ、英語で発表しました。

  

The afternoon was also very busy.  We visited the University of Technology, Malaysia (UTM) where we heard lectures about Islam and Food Security.  

 


 

夕方からは、2006年から開始した国家プロジェクト「コタ・イスカンダル(イスカンダル都市開発計画)」へ行き、州議事堂やその周りの見学をしました。ジョホールがその昔、財を成すきっかけとなった胡椒とクローブをモチーフにした装飾がされた州議事堂の見学をし、ジョホールの歴史について学びました。

 

 Afterwards, we visited Cota Iskandal.  Cota Iskandal is a special area, where Malaysia has started a national project to build a new city from the ground up. It was a unique experience to see how a city is being made.

 

It has been a wonderful few days, with many opportunities to learn about other cultures and to make memories to last the rest of our lives.

 

   

 

高校2年SGコースの海外フィールドワークの様子【3日目】/ SG class field work abroad. Day 3: Home visit

平成29年10月31日(火)、午前中にメラユ・ラヤ村でホームビジットを体験しました。マレーの民族衣装を身に着けたり、マレーの家庭料理に舌つづみをうちました。初めて手でカレーをいただいた生徒の中には味わいの違いを感じた生徒もいたようです。ジョホールバルからメラユ・ラヤ村の道中は、パーム椰子の葉だけが一面に広がっており、英語の授業で題材になっていた「パーム椰子と環境問題」に直面する場面もありました。

 

午後からは文化村を見学に行きました。蝋染めや石鹸作り、インド料理の実演と体験、マレー舞踊の見学など多種多様な文化に触れる充実した一日となりました。

 

Today, students spent the morning experiencing traditional Malay culture with host families in Malayu Raya village. One aspect of the culture the students discovered was in eating.  Traditional Malaysian meals are eaten with the hands rather than forks, spoons, or chopsticks.  From this experience, students realized that we use different parts of our tongues when eating with utensils.  This affects how we experience the taste and texture of foods. 

 

In the afternoon, students said goodbye to the host families, and visited the Culture Center.  There, students saw the diversity of Malaysia by learning about Indian food culture.  They also learned about one of Malaysia’s most important items in the tourism industry: soap making. The students were able to broaden their perspectives through seeing different aspects of Malaysia.

 

 

 

 

 

高校2年SGコースの海外フィールドワークの様子【2日目】/ Field trip abroad. Day 2: beginning the research

平成29年10月30日(月)、本日は姉妹校であるスルタンイブラヒム女子高校(以下SIGS)で1日を過ごしました。

盛大な歓迎を受けた後に交流会があり、SIGSからはマレー系、タミル系、中華系それぞれの伝統的な舞踊でおもてなしをしていただきました。本校の生徒たちは、動画による学校紹介、パワーポイントを使ったクイズ大会、ムービーに合わせたダンスなどを披露し、フレンドリーで賑やかな交流会となりました。その後、9月に実施した"「食」のサミット"で優勝したSIGSのチームによるイカスミを使ったインクペン製作のワークショップなどがありました。

 

午後からはアクティビティがあり、その後バディへのインタビューを通じて探究活動を行いました。英語でのインタビューは身ぶり手振りやタブレットを駆使してのものとなりましたが、親密さが増すとともに、着実に友好関係が築かれていっています。夕食はホテル近くの屋台街へ行きました。見慣れないメニューにみんな興味津々の様子でした。

 

October 30th was the day of international exchange activities with our sister school, Sultan Ibrahim Girls’ School (SIGS) in Malaysia.  SG students were treated to a warm welcoming ceremony.  Afterwards, SIGS students who were winners of the 2017 Food Summit demonstrated how to make markers using squid ink.  Students then had lunch with their new friends, and then had various sports and interview activities.  It was a long and busy day, but the students enjoyed the interaction with our sister school. In the evening, the students had authentic local food and experienced the night market.  More adventures are on the way!

  

  

  

  

 

高校2年SGコースの海外フィールドワークの様子【1日目】/ Field trip abroad. Day 1: arriving in Malaysia.

 

平成29年10月29日(日)、高校2年SGクラスは福岡空港を出発し、チャンギ国際空港に予定より少し早く到着しました。そこからバスで移動し、マレーシアのジョホール州へ入国しました。陸路での出入国は初めての経験でしたが、それぞれの国のルールに従い全員無事入国、ホテルにてマレーシア料理の夕食を堪能しました。

 

On October 29th, the 2nd year SG students left Fukuoka, and landed safely at Changi International airport in Singapore.  From there, they traveled to Malaysia by bus.  It was the first international bus ride for all of them.

 

After arriving at their hotel in Malaysia, the students had time to relax, settle in, and enjoy their surroundings. Students and teachers enjoyed Malaysian cooking for dinner, then rested up for the busy, adventurous days to come.

 

   

 

 

高校2年SGコースの海外フィールドワーク結団式を行いました / Getting Ready for Fieldwork at Malaysia and Singapore

 

10月27日(金)、高校2年SGコースの海外フィールドワーク結団式を行いました。今年で2年目のこのフィールドワークでは、それぞれの「食」に関する探究テーマに沿って、探究活動を行います。事前学習で取り組んできたことを基に、現地で存分に学んできてほしいと思います。結団式では、安達校長より英語で激励のスピーチをいただきました。

 

On October 29, the SG class will leave for their Field Work in Singapore and Malaysia.  Today, we held a departure ceremony.  Principal Adachi gave an encouraging speech for the students, as follows:

  

             Good afternoon, everyone. How are you today? Time flies and the

             day after tomorrow you will leave for Singapore and Malaysia.I’m 

      sure you are so excited.

  

             As you know, the world has become smaller and smaller over the

             past few decades, and continues to do so every day as

             transportation, communication, and information technologies

             advance. Because of these rapid changes in the world, we need to

             know, understand, and respect the diversity of cultures for the peace

             and stability of the entire world.

 

             We should also have a better understandings of each other’s

             histories, traditions, cultures, and religions. We know little about

             Islam and the life and culture of Muslims. This is why we selected

             SIGS as our sister school. Please be positive and active to learn

             many things about Islam and Muslims.

 

             I believe and always say that the first step of forming relationship

             between two nations begin with two individuals. Each of you is a

             diplomat. They recognize Japan by you. So please be polite

             throughout this trip. Enjoy your trip and have a good time.

 

We expect the students to think about Principal Adachi's message, and become excellent ambassadors for Nakamura and for Japan during their trip.  This will be great chance for them to gain international experience and better understand new perspectives. 

 

  

 

トビタテ!留学Japan「留学成果報告会」で「高校生コース特別賞」を受賞!

SGコースの鎌田あみさん(高校2年生)は、高校1年生のとき「トビタテ!留学Japan」に挑戦。全国2500人中の500名に選考され、アカデミックショートコースを利用してカナダへ短期留学しました。現地で約3ヶ月、様々な経験をして帰国。その後、12月に文部科学省で事後報告研修会に参加しました。その時のプレゼンテーションの内容やわかりやすさが評価され、全国から20名のみが選出される「留学成果報告会」に出場し、見事最優秀にあたる「高校生コース特別賞」を受賞しました。

 

 

「食」のサミットの提言書を正式に提出しました!/ Officially Submitted our Joint Statement!

平成29年10月4日(水)、「食」のサミットで代表チーム6チームが作成した共同宣言を正式に国連WFP協会へ提出いたしました。

 

今回の「食」のサミットでは、テーマを「グローバリゼーションと郷土料理」「浪費的な消費の削減」「貧困と飢餓の撲滅」「健康的な食生活」の4つに設定し幅広くアイディアを募集したため、サミットの参加者たちは皆とても苦労しながらアクションプランについても審議していましたが、それぞれ自分達のコミュニティで課題解決を実現するためのアクションプランについても提言することができました。

この「食」のサミットが、世界の諸問題を自分の問題として捉え、その解決に向けて取り組む大切さを参加者全員が意識し、それぞれのコミュニティでアクションプランを実践するきっかけになればと思います。

 

On October 4th, we completed the final activity for Food Summit 2017:  we officially submitted our Joint Statement to the Japan Association for the World Food Programme.

 

The teams at the Food Summit focused on several topics: Globalization and Traditional Food; Sustainability and Reduction of Wasteful Consumption; Eradication of Poverty and Hunger; and Health and Food Culture. As each team was focused on a different topic, it took quite a while to come up with a unified statement. However, after the group discussions, the participants were able to create a Joint Statement regarding the results of their discussions and research.

 

Through the Food Summit 2017, we hope that not only Nakamura students, but all people involved in the Summit could better understand the importance of both having awareness of global issues, as well as taking action to solve those issues. 

 

 

 

 【国連WFP協会へ提出した共同宣言】

 

 

 

高校1年生グローバルキャンパスの様子【 B団 最終日 】 / Global Campus (Group B Day 3 - Last Day)

 平成29年9月16日(土)、B団のグローバルキャンパス最終日の様子です。最終日はクラス代表グループによるプレゼンテーション本選が行われました。昨日のクラス予選での改善点を踏まえて、声の大きさや目線にも留意するなど、どのグループもより分かりやすく興味深い発表となっていました。食文化を守ることの重要性を訴えたグループや、スーパーフードを活用してアフリカの飢餓を救おうと提案するグループなど、それぞれの視点で世界の食と問題に向き合う貴重な機会となりました。

 

グローバルリーダイたちは皆、母国語ではない英語を使いこなすばかりだけでなく、日本語やその他の言語も勉強しています。この3日間を通して彼らは「努力すれば誰でも外国語を習得できるし、それが自分の世界を広げてくれる」ということを示してくれました。生徒たち一人ひとりが、このメッセージをしっかりと受け止め、英語学習と異文化理解への意欲を高めていました。

 

This was the third and final day of Group B’ Global Campus experience. Representative groups from each class gave their final presentations. By reflecting on yesterday’s performances and considering advice from the Global Leaders, each group improved their presentations impressively. One group focused on the importance of preserving our own food cultures, and another group suggested solving starvation in Africa by farming ‘Superfoods’.  This has been a special opportunity for each student to think of world food issues from various points of view.

 

All the Global Leaders speak English fluently, even though it is not their native language.  Additionally, they are all learning Japanese as well as other foreign languages. For these three days the Global Leaders demonstrated an important message; “By mastering foreign languages, you will discover a new world.” Each student took this message and grew more motivated to learn more English and become more culturally aware of the world around them.

 

 

 

 

 

高校1年生グローバルキャンパスの様子【 B団 2日目 】 / Global Campus (Group B Day 2)

平成29年9月15日(金)、B団のグローバルキャンパス2日目の様子です。午前中、フィジー出身のリーダーによるプレゼンテーションが行われました。テーマは「グローバル社会に生きること」。フィジーと日本の類似点や相違点に触れながら、国際社会の問題は私たちの日常生活に大きく影響を与えていることを分かりやすく述べてくれました。また、国際社会で大切なキーワードとして「コミュニケーション」と「ネットワーク」の二つを挙げていました。自国を離れて夢を追求しているリーダーたちの前向きな姿勢は、生徒たちにとって大いに刺激となりました。

 

その後、各グループの探究テーマについてプレゼンテーションの準備と発表練習を行いました。限られた時間の中で、リーダーと意見を交換しながら熱心に作業を進めていました。クラス予選の発表後に、生徒たちは「英語での表現力が足りない」「アイコンタクトが難しい」「順序立てて計画的に進めることが必要だった」など、プレゼンテーション力を高めるために必要なことを再認識していました。

 

Our second day of Global Campus for this set of Nakamura students began with a presentation by a Global Leader from Fiji.  The theme of his presentation was “What Does it Mean to Live in a Global Society?”  He showed some similarities and differences between Fiji and Japan, and helped students recognize that global issues affect out daily life.  He also gave the students two keywords to remember to help realize their dreams in today’s global society: Communication and Network.  The Global Leaders’ positive attitudes toward their dreams were an inspiration to Nakamura’s students.

 

After the presentation, our students worked together to prepare their final presentations based of their research.  Although they tried hard to make their presentations in class, the students also found it very challenging.  “We can’t express our ideas well in English,” they said.  “Keeping eye-contact is difficult,” they added.  Finally, some also said “Planning is important.”  These realizations will help the students better prepare for their future school and work lives.

 

   

 

 

ページの先頭へ