• HOME
  • スーパーグローバルハイスクール(SGH)

スーパーグローバルハイスクール

English Camp 説明会を行いました

 

令和元年5月23日(木)、English Camp説明会を行いました。

生徒・保護者30名が参加しました。

 

本校では毎年、夏休みに英語による国際交流ができる合宿イベントを行っております。

昨年までは宗像にあるグローバルアリーナでAmerican villageを行っておりましたが、

今年度は海の中道でEnglish Campを行うことになりました。

 

キャンプファイヤーやトレジャーハントなど楽しいアクティビティが盛りだくさんの内容になっています。

 

6月21日にも説明会を行う予定です。

【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 9日目 】 / America Field Work [9th Day]

 

平成31年3月12日(火)、アメリカフィールドワーク9日目の様子です。

 

本日は午前中にホストシスターと授業を受け、昼休みにはコーニングハイスクールの生徒たちにダンスを披露し、午後はオリーブオイル工場見学やフェアウェルパーティーに参加しました。 

 

学校での研修最終日となりましたが、生徒たちは最後まで授業に一生懸命取り組みました。昼休みには、多くの生徒の前でダンスを披露し、拍手喝采を浴びました。アメリカでもよく知られている曲に合わせて元気いっぱい踊ることができ、とても盛り上がりました。

 

午後にはコーニングの名産であるオリーブを使ったオリーブオイルの工場見学に行きました。地中海性気候が広く分布するこの地域では、オリーブの他にもプルーンやアーモンドの栽培が盛んであり、特にオリーブは世界各地に輸出をしているとのことでした。生徒たちは熱心にメモや写真で記録を残していました。その後、フェアウェルパーティーにて、修了証の授与やダンスの披露を行いました。様々なシーンでお世話になった方々に、感謝の気持ちを伝える和やかで温かい雰囲気の場となりました。

  

本日でアメリカ研修の行程は終了し、帰国いたします。短期間でしたが、多くの成長を見せてくれた生徒たちが、更なる飛躍に向けて今後も頑張ってくれることを期待しています。

 

 

This morning, the students had classes with their host sisters. During the recess, they performed a dance, and in the afternoon they visited an olive oil factory and then had a farewell party.

 

It was the last day of training here at Corning High School. The students danced in front of a large audience on a song popular in the US and received lots of applauses. In the afternoon, the students visited the olive oil factory. The Mediterranean climate of California is suitable for growing olives, prunes and almonds. Olive is the most famous local product, and it’s exported in many countries around the world. The students were very interested to learn about it and took notes and pictures during the factory tour.

 

At the farewell party, the students were awarded the certificates of completion of training. They performed a dance and ended the day expressing their gratitude to their hosts in a warm atmosphere.

  

The students have now ended the fieldwork in the US. The trip was short but full of accomplishments. We hope the students will keep improving and work towards their growth in the future.

 

 

 

【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 8日目 】 / America Field Work [8th Day]

 

平成31年3月11日(月)、アメリカフィールドワーク8日目の様子です。

 

今日は午前中にホストシスターとともに授業を受け、午後は明日に控えるフェアウェルパーティーの準備などを行いました。

 

月曜日は学校が短縮授業のため、午後の時間を使ってホストシスターや他の高校生と色んなアクティビティーを楽しんでいました。研修の初日と比べると、本当に多くの生徒が積極的な姿勢で様々なことにチャレンジできているようです。また、ホストファミリーとともに一日中過ごした週末は、様々なアクティビティーやパーティーなどに参加したようです。

 

コーニングハイスクールでの研修も残すところあと1日となりました。最終日の明日は、コーニング名産であるオリーブオイル工場の見学や、お世話になった方々へ感謝の気持ちを込めてフェアウェルパーティーを開く予定です。きっと忘れられない1日となることでしょう。

 

This morning, students took part in classes together with their host sisters. In the afternoon, they prepared for tomorrow’s farewell party.

 

Today was a short school day, so in the afternoon the students enjoyed different activities with the American students. They have now become really confident in everything they do. Over the weekend, they enjoyed various activities with their host families.

 

There is only one day of training at Corning High School left. Tomorrow, on our last day here, the students will visit an olive oil factory, which is a famous local product. They will also have a farewell party to express their gratitude to all the people who supported them during this trip. It will surely be an unforgettable day!

  

 

 

【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 5日目 】 / America Field Work [5th Day]

平成31年3月8日(金)、アメリカフィールドワーク5日目の様子です。

 

午前中は幼稚園を訪問しました。生徒たちは、それぞれが事前に準備していた日本の遊びなどを通じて交流をしました。子どもたちに遊びを楽しんでもらうためには、様々な工夫が必要であり、昨日訪問した高齢者などが集まるコミュニティー施設を訪れた時とはまた違った刺激を受けているようでした。前回の経験をふまえて、子どもたちに遊び方をどのように説明したら理解してもらえるのか、あるいはうまくいかなかった点などを改善し、取り組んでいる様子が見られました。

 

午後の授業では、ネイティブスピーカーの話す速さに生徒たちは非常に苦労しながらも、理解できることから地道に取り組み、努力している姿が印象的でした。

 

アメリカ研修も5日目となり、生徒たちの表情に明らかな変化が見られます。最初は少し不安げな様子で学校生活を送っていた生徒たちが、今では「限られた時間の中で自分の成長につながるものは全て吸収したい」「理解できないことはまずメモをして、後でしっかり理解しなおす」と、非常に知的好奇心が旺盛で意欲的に取り組んでいます。各自の持つ課題の解決に向けて、残り数日間の研修を頑張ってほしいと思います。

  

In the morning, the students visited a kindergarten. There, the American children participated in the traditional games our students had prepared. Today’s experience was different from the other day at the community center. Now, the students had to be creative in order to get the young children understand and enjoy the activities. The students did their best to communicate and entertain the participants. 

 

During the afternoon classes, students listened carefully to the English speaking teachers. Even if sometimes it was hard, they tried to keep up with the natural speed of spoken English.

 

The students have changed during these five days in the US. They are less nervous now and eager to absorb every positive experience of their trip. When there is something they don’t understand, they take notes to research later. They are full of intellectual curiosity and hopefully they will make the best of the time.

 

 

 

 

 

【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 4日目 】 / America Field Work [4th Day]

平成31年3月8日(木)、アメリカフィールドワーク4日目の様子です。

 

今日は午前中にホストシスターと一緒に授業を受け、午後は高齢者などが集まるコミュニティー施設を訪問しました。

  

午後の活動では、渡米前に日本の伝統的な遊び(あやとり、けん玉など)を準備し、それを通じてコミュニティーの方々との交流活動を行いました。

  

研修4日目にして英語で話すことに慣れつつあるものの、物事を説明するのが難しい時には、ジェスチャーを交えて一生懸命にコミュニケーションを取り、何とか相手に理解してもらおうとする姿勢が見られました。コミュニティーにはスペイン語話者の方々もおり、英語でのコミュニケーションが難しいこともありました。しかし、生徒たちは挫けず、交流を深めようと積極的に取り組む姿が見られました。

  

研修初日は多くの生徒が不安そうな表情を見せていましたが、現在は非常に活動的で前向きに何にでも取り組めているようです。明日は現地の幼稚園に訪問し、交流活動を行います。様々なプログラムを体験する中で、多様な価値観や文化に触れ、成長して欲しいと願っています。

  

Today the students had classes with their host sisters, and in the afternoon they visited a community center for the elderly. The students showed some traditional Japanese games which they had prepared in Japan, such as cat’s cradle (ayatori) and cup-and-ball (kendama).

  

Now, the students seem more confident in speaking English. When speaking is difficult, they use gestures and try their best to communicate with their partner. Some people in the community center were Spanish speakers, which made communication even harder sometimes. However, the students didn’t give up and kept deepening their cultural exchange.

  

Although many students looked nervous in the first day of training, by now they are positively involved in everything they do. Tomorrow, they will visit a kindergarten to have exchange activities with young children. This immersion in cultural experiences and different values will hopefully help students grow.

 

  

 

【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 3日目 】 / America Field Work [3rd Day]

 

平成31年3月6日(水)、メリカフィールドワーク3日目の様子です。

 

今日の午前中は、まずクローバーリーフ農場を訪れました。ここでは約100エーカーの広大な土地で様々な農作物を育てて出荷しており、アメリカ合衆国農務省からの技術指導による最先端の農業技術を採用しているとのことでした。SGH指定校として「食」をテーマとした探究活動に携わっている生徒たちは、ハイレベルなレクチャーを真剣な眼差しで聞いてメモをとっていました。その後、農業部門において全米屈指の大学であるカリフォルニア大学デイビス校を訪れ、キャンパスの雰囲気を体感しました。

  

昼食後は、ジェリーベリービーンズの工場見学をしました。この工場で創業し100年以上続く老舗の菓子メーカーとしての歴史や製造技術、経営戦略などの多くの取り組みについて学びました。工場内はポップな雰囲気と甘い匂いが漂っており、生徒たちは終始楽しんでいるようでした。

 

本日渡米して3日目となり、アメリカの文化や習慣にも次第に慣れてきた様子です。明日の授業では、各自の目標に向かって、より積極的に活動ができることでしょう。

 

This morning we visited Clover Leaf Farm. It is a 100 acre farm where various crops are grown and harvested. Thanks to the engineering assistance received from the United States Department of Agriculture, the farm uses advanced agricultural technologies. As an SGH school, our students are engaged in research in food issues. Today, they listened carefully and took notes during the lecture at Clover Leaf Farm. After that, we visited University of California, Davis Campus, which is a leading institution in the agricultural field.

 

After lunch, we visited Jelly Belly Factory, a famous sweets factory founded over 100 years ago. The students learned about the history, manufacturing technologies and managerial strategies of the factory. The pop atmosphere and the sweet fragrance drifting in the air made students enjoy the tour from the beginning to the end.

 

We are now in the 3rd day in America, and the students have now become familiar with the culture and traditions of this country. Tomorrow they will actively participate in classes towards their learning goals.

 

  

   

 

【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 2日目 】 / America Field Work [2nd Day]

平成31年3月5日(火)、アメリカフィールドワーク2日目の様子です。

  

本日はコーニングハイスクールへ初登校。初めにキャンパスの案内を受け、各教室での授業風景などを見学しました。生徒たちは充実した設備に大変驚いているようでした。その後、各自ホストシスターと合流し、授業を一緒に受けたりランチタイムを過ごしたりしました。授業ではネイティブスピーカーの英語を聞き取り、理解するのにとても苦労している様子でした。普段、日本で英語を得意としている生徒でさえ、「授業中の英語がほとんど聞き取れない」と、早くも乗り越えなければならない壁に当たってしまったようで、悔しがっている様子が見られました。それは、更なる成長に向けての課題を見つけたことでもあり、高いモチベーションで学ぼうとする姿勢の現れでもあるのです。

 

午後の授業が終わった後、ホストファミリーやホストシスターの方々がウェルカムパーティーを開いてくれました。本校の生徒は、ソーラン節を元気よく踊り、校歌を高らかに歌い上げて、会場から温かい拍手が送られました。

  

今日の1日を通して、様々な困難があり、自らの課題が明確になったようです。明日の研修では、更なる困難や課題を乗り越えるべく、より積極的に活動をしてくれることでしょう。

 

 

Today was the first school day at Corning High School. We had a campus tour and observed some lessons. The students were impressed by the school facilities. After that, the students joined their host sisters in classes or for lunch. Our students tried hard to understand the English classes held by native speakers. Even some students who in Japan were confident with their English ability, now struggled to understand the spoken English. Some of them commented: “I couldn’t catch what the teacher said”. Although that made them sad, the students realized that they have to overcome this difficulty. Understanding one’s weak point made the students raise their motivation to learn and to grow.

 

After the afternoon classes, the host families and host sisters gave a party. Our students danced Soran Bushi, vividly sang the school song and received warm applauses from the audience.

 

Today was a good opportunity for students to learn from difficulties and understand what they need to focus on in their learning. We hope to see them actively involved in tomorrow’s training as well.

 

  

 

 

「探究科」の取り組みが教育誌で紹介されました

SGコースで週2時間実施されている「探究科」での取り組みが、「中等教育資料」(文部科学省教育課程課編集:学事出版刊)3月号で紹介されました。

 

詳しくは、学事出版の下記ホームページをご覧ください。

http://www.gakuji.co.jp/magazine/chutokyoiku/index.html

 

 

「探究科」では「食」の学習内容を4領域に分け、それぞれの領域を問題発見と課題解決、発表という形で授業を進めています。それらの学びを通して、グローバル人材になるために必要な能力が身についていくのです。

 

 

【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 1日目 】 / America Field Work [1st Day]

平成31年3月4日(月)、高校1年生の参加者21名によるアメリカフィールドワークが始まりました。福岡空港から成田空港で乗り換え、サンフランシスコまで約10時間以上のフライトを経て目的地に到着しました。

 

早速のサンフランシスコ市内観光では、ゴールデンゲートブリッジやツインピークスなどの名所を巡り、アメリカという大国の空気を肌で感じていた様子でした。

 

昼食後は滞在中にお世話になるコーニングハイスクールに向かいました。到着後は、明日からの校内研修に備えてのオリエンテーション。生徒たちの表情は真剣そのものでした。

 

本校のSGH活動における研究開発構想名は「地球規模の課題『食』を通じたグローバル・リーダーの育成」です。今回の体験を通して多くの学びを得て、未来を切り拓いていくための力と勇気を獲得してくれることでしょう。

 

On March 4th, America Field Work finally began. We safely arrived at San Francisco after a 10 hour flight.

 

At San Francisco, our first stops were Golden Gate Bridge and Twin Peaks. Their appearance gave the impression that the US is one of the biggest nations today.

 

After lunch, we left San Francisco for Corning High School, where the students took part in the orientation.

  

The purpose of SGH for us is “raising global leaders to solve food issues around the world”. Through this experience, the students will learn and gain strength for the future.

  

   

 

 

「2018年度SGH報告会」を実施しました

平成31年2月22日(金)、❝食と飢餓❞をテーマに「2018年度SGH報告会」を開催いたしました。 

 

SGH報告会は、生徒たちの日頃の課題研究の成果発表の場と位置づけて行っています。また、今夏の7月13日(土)に開催予定の❝「食」のサミット2019❞に向けて、全校生徒がサミットのテーマ世界における『食と飢餓』に関する諸問題とその解決策」~に基づいた課題に取り組むことで、食に関しての知識と理解を深め、より良い世界や今後の未来を考えていく機会としています。

 

【 オープニング / 開会の言葉 / 学校長挨拶 】 

 

  

 

【 第1部:生徒発表 】

 

SGコース(高校2年1組)の生徒たちによるマレーシア・シンガポールの海外フィールドワーク、SGH全国高校生フォーラム、Qカンファレンスの活動報告やニュージーランドからの留学生による「フードロス」についてのプレゼンテーションなどを行いました。

 

  

  

 

 

【 第2部:「食への感謝とフードロス減少に向けて」 

 

水仙会(生徒会)による「食への感謝」をテーマにした動画発表と「食と飢餓について~食品ロスをなくす調理法~」と題して、食物部が発表を行いました。また、食品ロスの対策の一つとして提案したエコクッキングのレシピで作ったコロッケをご来賓や本校生徒に試食していただきました。

 

 

  

 

【 第3部:ポスターセッション 】

 

各クラス代表生徒4名による「食と飢餓」をテーマとしたポスターセッションが行われ、発表者が見出した問題点や改善すべき事柄、その解決策について、様々な発表が繰り広げられました。

 

  

  

  

生徒たちは、これからも世界における飢餓の現状や原因とその対策について「自分たちができること」を一生懸命に考え、より深化した発表ができるよう引き続きしっかりと取り組んでいくと思います。ご期待ください。

 

❝「食」のサミット2019❞ についての詳細は、こちらよりご覧ください。

 

 

ページの先頭へ