• HOME
  • スーパーグローバルハイスクール(SGH)

スーパーグローバルハイスクール

トビタテ!留学Japan「留学成果報告会」で「高校生コース特別賞」を受賞!

SGコースの鎌田あみさん(高校2年生)は、高校1年生のとき「トビタテ!留学Japan」に挑戦。全国2500人中の500名に選考され、アカデミックショートコースを利用してカナダへ短期留学しました。現地で約3ヶ月、様々な経験をして帰国。その後、12月に文部科学省で事後報告研修会に参加しました。その時のプレゼンテーションの内容やわかりやすさが評価され、全国から20名のみが選出される「留学成果報告会」に出場し、見事最優秀にあたる「高校生コース特別賞」を受賞しました。

 

 

「食」のサミットの提言書を正式に提出しました!/ Officially Submitted our Joint Statement!

平成29年10月4日(水)、「食」のサミットで代表チーム6チームが作成した共同宣言を正式に国連WFP協会へ提出いたしました。

 

今回の「食」のサミットでは、テーマを「グローバリゼーションと郷土料理」「浪費的な消費の削減」「貧困と飢餓の撲滅」「健康的な食生活」の4つに設定し幅広くアイディアを募集したため、サミットの参加者たちは皆とても苦労しながらアクションプランについても審議していましたが、それぞれ自分達のコミュニティで課題解決を実現するためのアクションプランについても提言することができました。

この「食」のサミットが、世界の諸問題を自分の問題として捉え、その解決に向けて取り組む大切さを参加者全員が意識し、それぞれのコミュニティでアクションプランを実践するきっかけになればと思います。

 

On October 4th, we completed the final activity for Food Summit 2017:  we officially submitted our Joint Statement to the Japan Association for the World Food Programme.

 

The teams at the Food Summit focused on several topics: Globalization and Traditional Food; Sustainability and Reduction of Wasteful Consumption; Eradication of Poverty and Hunger; and Health and Food Culture. As each team was focused on a different topic, it took quite a while to come up with a unified statement. However, after the group discussions, the participants were able to create a Joint Statement regarding the results of their discussions and research.

 

Through the Food Summit 2017, we hope that not only Nakamura students, but all people involved in the Summit could better understand the importance of both having awareness of global issues, as well as taking action to solve those issues. 

 

 

 

 【国連WFP協会へ提出した共同宣言】

 

 

 

高校1年生グローバルキャンパスの様子【 B団 最終日 】 / Global Campus (Group B Day 3 - Last Day)

 平成29年9月16日(土)、B団のグローバルキャンパス最終日の様子です。最終日はクラス代表グループによるプレゼンテーション本選が行われました。昨日のクラス予選での改善点を踏まえて、声の大きさや目線にも留意するなど、どのグループもより分かりやすく興味深い発表となっていました。食文化を守ることの重要性を訴えたグループや、スーパーフードを活用してアフリカの飢餓を救おうと提案するグループなど、それぞれの視点で世界の食と問題に向き合う貴重な機会となりました。

 

グローバルリーダイたちは皆、母国語ではない英語を使いこなすばかりだけでなく、日本語やその他の言語も勉強しています。この3日間を通して彼らは「努力すれば誰でも外国語を習得できるし、それが自分の世界を広げてくれる」ということを示してくれました。生徒たち一人ひとりが、このメッセージをしっかりと受け止め、英語学習と異文化理解への意欲を高めていました。

 

This was the third and final day of Group B’ Global Campus experience. Representative groups from each class gave their final presentations. By reflecting on yesterday’s performances and considering advice from the Global Leaders, each group improved their presentations impressively. One group focused on the importance of preserving our own food cultures, and another group suggested solving starvation in Africa by farming ‘Superfoods’.  This has been a special opportunity for each student to think of world food issues from various points of view.

 

All the Global Leaders speak English fluently, even though it is not their native language.  Additionally, they are all learning Japanese as well as other foreign languages. For these three days the Global Leaders demonstrated an important message; “By mastering foreign languages, you will discover a new world.” Each student took this message and grew more motivated to learn more English and become more culturally aware of the world around them.

 

 

 

 

 

高校1年生グローバルキャンパスの様子【 B団 2日目 】 / Global Campus (Group B Day 2)

平成29年9月15日(金)、B団のグローバルキャンパス2日目の様子です。午前中、フィジー出身のリーダーによるプレゼンテーションが行われました。テーマは「グローバル社会に生きること」。フィジーと日本の類似点や相違点に触れながら、国際社会の問題は私たちの日常生活に大きく影響を与えていることを分かりやすく述べてくれました。また、国際社会で大切なキーワードとして「コミュニケーション」と「ネットワーク」の二つを挙げていました。自国を離れて夢を追求しているリーダーたちの前向きな姿勢は、生徒たちにとって大いに刺激となりました。

 

その後、各グループの探究テーマについてプレゼンテーションの準備と発表練習を行いました。限られた時間の中で、リーダーと意見を交換しながら熱心に作業を進めていました。クラス予選の発表後に、生徒たちは「英語での表現力が足りない」「アイコンタクトが難しい」「順序立てて計画的に進めることが必要だった」など、プレゼンテーション力を高めるために必要なことを再認識していました。

 

Our second day of Global Campus for this set of Nakamura students began with a presentation by a Global Leader from Fiji.  The theme of his presentation was “What Does it Mean to Live in a Global Society?”  He showed some similarities and differences between Fiji and Japan, and helped students recognize that global issues affect out daily life.  He also gave the students two keywords to remember to help realize their dreams in today’s global society: Communication and Network.  The Global Leaders’ positive attitudes toward their dreams were an inspiration to Nakamura’s students.

 

After the presentation, our students worked together to prepare their final presentations based of their research.  Although they tried hard to make their presentations in class, the students also found it very challenging.  “We can’t express our ideas well in English,” they said.  “Keeping eye-contact is difficult,” they added.  Finally, some also said “Planning is important.”  These realizations will help the students better prepare for their future school and work lives.

 

   

 

 

高校1年生グローバルキャンパスの様子【 B団 1日目 】 / Global Campus (Group B 1st Day)

 

平成29年9月14日(木)、B団のグローバルキャンパスがスタートしました。到着早々、19ヶ国から集まった留学生たちの歓迎を受けて早くもこれからの3日間への期待が高まります。

 

最初の活動はフラッグメイキンング。ある班は色彩豊かなデザインを考え、「緑は平和、黄色は光、ピンクは愛、青は正義、複数の色を使うことが一体感を表している」と英語で発表しました。グローバルリーダーと話し合いながら、色の持つイメージにも文化によって共通点や相違点があることを改めて感じていました。その後、各班の「食」に関する探究テーマについて、留学生たちにインタビューを行いました。徐々に慣れてきた生徒たちは、積極的に英語で質問し、各国の食事情について関心を深めていました。

 

The second group of Nakamura students has started Global Campus. The students were warmly welcomed by APU’s Global Leaders.  Like the first set of Nakamura students, this set began with a flag-making activity.  One group made a colorful flag and explained, “Green means peace, yellow means light, pink means love, blue means justice, and using all these colors means unity.” By discussing the images of colors with Global Leaders, the students realized that different cultures associate different ideas to different colors.  we have some different ideas according to cultures.

 

Afterwards, the students tried asking the Global Leaders questions regarding their research on food issues. Receiving various information, Nakamura students showed more interest in world food issues.

 

  

 

  

高校1年生グローバルキャンパスの様子【 A団 最終日 】 / Global Campus (Group A Day 3 - Last Day)

 

 

 

平成29年9月13日(水)、グローバルキャンパスA団最終日の様子です。

朝から快晴。全員で英語のラジオ体操を行い最終日を迎えました。午前中は、昨日の選出された各クラスの代表による全体へのプレゼンテーションが行われました。テーマは「TPPによる食生活の影響」「昆虫食について考える」など様々でしたが、どのグループも工夫を凝らして興味深い発表を行いました。今回はリサーチの結果や自分達が考えた解決策だけでなく、国連開発計画が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」に関連づけた視点からの考察も含めることで、さらに視野を広げることを目指しました。

 

発表後、グローバルリーダーたちから「自信を持つこと」「聴衆へのアイコンタクトを忘れずに」などのアドバイスがあり、今後に活かせる貴重な体験となりました。

 

修了式の後、グローバルリーダーとの別れを惜しみつつ、たくさんの思い出と共に会場を後にしました。この3日間、どの生徒も積極的に英語でのコミュニケーションに取り組み、多くのことを学ぶことができました。この経験を活かし、これからの学校生活においても何事にも意欲を持って頑張ってもらいたいと思います。

 

To begin the final day of Global Campus, students participated in “Radio Taiso,” a well-known set of stretching exercises set to music.

 

The representative groups gave their final presentations.  The themes were varied, including “Transforming Our Eating Habits through TPP” and “About Insect Food.”  Each group made an interesting and inspiring presentation.  All students broadened their viewpoints by considering SDGs (Sustainable Development Goals) defined by the United Nations Development Programme.

 

After the presentations, Global Leaders offered advice to the students  regarding presentation skills.  “Have confidence!” they said.  “Don’t forget eye contact with the audience!” they added.  These suggestions will be useful for Nakamura’s students in their school life, as well as in their lives after High School. 

 

Nakamura’s students worked hard for the past three days.  They actively participated in various activities, learned many new things, and enjoyed communicating with non-Japanese people in English.  We hope this experience will have a positive influence on the students during their time at Nakamura, and in the future.

 

  

  

  

高校1年生グローバルキャンパスの様子【 A団 2日目 】 / Global Campus (Group A Day 2)

平成29年9月12日(火)、グローバルキャンパスA団2日目の様子です。昨晩から降り続いた雨もあがり、青空の下で2日目を迎えました。今日はグローバルリーダーによるプレゼンテーションからスタートです。インドネシア出身のリーダーの話を聞きながら、グローバルとはどいうものか、一人ひとりが考える機会となりました。質疑応答では積極的に英語で質問する生徒もいました。その後、各グループで夏休みの課題として調べてきた食の問題について、グローバルリーダーと共に意見交換をしながら発表準備に取りかかりました。英語でのやりとりに四苦八苦しながらも、皆真剣に食の問題の解決策を追求していました。

 

午後はプレゼンテーションのクラス予選を行い、代表を選出しました。分かりやすく、聞き手の関心を引く発表にするために、ドラマ仕立てに仕上げるグループもあり、工夫を凝らした発表が続きました。

 

その後もグローバルリーダーとの交流活動を楽しみながら、いつの間にか皆自然に英語でコミュニケーションをとっていました。

 

The first activity of today’s Global Campus was a presentation from a Global Leader from Indonesia.  The topic of the presentation was “What is Globalization?”  The students listened carefully, and some asked questions in English.  After the presentation, students broke into their groups and prepared for their presentations on food issues.  During the preparation time, students exchanged ideas with Global Leaders.  The topics proved to be challenging for the students to discuss in English, but they tried hard, and managed to complete their research to give more detailed presentations. 

 

After choosing groups to represent the class, all students enjoyed some communication activities with the Global Leaders.

 

Even with the challenges of today’s activities, the students were able to use more English.

 

 

  

 

 

高校1年生グローバルキャンパスの様子【 A団 1日目 】 / Global Campus (Group A 1st Day)

 

SGH事業の一環として、「グローバルキャンパス」を今年度も行っています。 高校1年生約450名がA団:9月11日(月)~13(水)、B団:9月14日(木)~16(土)の2団に分かれて、立命館アジア太平洋大学(APU)の留学生とともに2泊3日を過ごし、課題解決力・自己発信力・英語力を養う研修です。

 

平成29年9月11日(月)、A団1日目の様子です。世界各国から集まったグローバルリーダーたちが温かく迎えてくれ、生徒たちの緊張もほぐれた様子でした。午後最初の活動はグループの旗作りです。デザインや色にどういう意味を込めるのか、留学生と話し合いながら作成します。出来上がった旗についてのプレゼンテーションも行い、英語での活動を楽しむ姿が見られました。その後、異文化理解の活動では、留学生達の出身地について説明を聞きました。初めて知る内容も多く、世界の国々に対する興味が広がりました。英語での自己紹介にも挑戦し、コミュニケーションの難しさと楽しさを実感した一日でした。

 

The 1st year High School students all take part in Global Campus.  This event has Nakamura students studying with Global Leaders — Ritsumeikan Asia Pacific University foreign exchange students from 19 different countries—for three days.  During this time, Nakamura’s students are provided the opportunity to improve their skills in problem-solving, self-expression, and English.

 

On the first day, students were separated into groups, and the groups each made their own flag.  Each group discussed in English the message, colors, design, and symbols of their flags.  Then, groups gave presentations about their flags.

 

Later, the Global Leaders (APU students) each gave presentations about their home countries.  Nakamura’s students were interested in the presentations, and learned many new things about various countries.

 

Although the students found some parts of the day challenging, the activities gave the students a great chance to enjoy communicating in English.

 

  

 

 

上海からの転入生!/ Transferred Students from Shanghai!

本校は上海にある信男教育学園文来高校と「交流促進に関する合意書」を締結し、この9月より3名の転入生を迎え、共に学校生活を送っています。

 

SVコースにキン シエイさんとカクアイイさんの2名、SGコースにヤン ミキさん1名が在籍しており、すっかりクラスに溶け込んでいます。日々の授業や試験も日本語で励んでおり、クラスメイトにとってもよい刺激になっているようです。

卒業後の進学は日本の大学を視野に入れており、これから共に過ごす1年半でお互いに切磋琢磨しながら努力の花を咲かせてほしいと思います。

 

Since early September, Nakamura has welcomed 3 students from Shanghai.  Instead of an average exchange student situation, all three students have fully transferred to Nakamura from their schools in China.  The students plan to graduate from Nakamura, and pursue their university education here in Japan. 

 

The three students have adapted very well so far.  They get along well with their classmates, and they take all of their classes in Japanese along with the other Nakamura students.  The three students hope to enter high-level universities in Japan, so they are highly competitive with each other and with their other classmates.  We hope that this friendly competition inspires all of the students to apply themselves fully, work hard, and always do their best to achieve their dreams and goals.

 

 

ニュージーランドより新しい留学生がやってきました / A new exchange student from New Zealand

平成29年9月4日(月)、ニュージーランドより新しい留学生がやってきました。Stevie Smithさんは今日から5ヶ月、高校1年生のクラスで共に学びます。1限目に高校1年生は学年集会があり、冒頭でStevieさんに自己紹介をしてもらいました。「緊張します。何を話したらいいですか?」と話していましたが、とても丁寧に日本語と英語の両言語で自己紹介をしてくれました。学校生活では全ては初めてのことだらけですが、「今の言葉、もう一度言って!」「それはどういう意味?」と何に対しても興味津々で、クラスメイトともすぐに打ち解けていました。

これから5ヶ月間、Stevieさんと共に私たちもたくさんのことを学んでいきたいと思います!

 

On the 4th of September, we welcomed a new exchange student from New Zealand. Stevie Smith is joining 10th grade and will spend 5 months with us. As we had an assembly for 10th grade students, we asked Stevie for her self-introduction to all in Japanese. 

She said she was very nervous and did not know what to say, however she gave us a very nice mini speech and impressed everyone.

With her great interests and motivation towards Japanese language and culture, we look forward to Stevie’s time with us, and expect this opportunity to have a positive impact on Stevie and her Nakamura classmates.

 

  

 

ページの先頭へ