• HOME
  • お知らせ
  • 中学1年生がサツマイモの苗植えを行いました

お知らせ

中学1年生がサツマイモの苗植えを行いました

令和2年6月11日(木)、3限目の時間にJA福岡食農ティーチャーの高木先生を講師にお迎えして、食育授業を行いました。


 天候を考慮し、前日に校内菜園に「紅あずま」と「安納芋」の2種類のさつま芋の苗を植え、今日の講義では、育て方や野菜の種類、種類に合った育て方や農薬のお話、また普段私たちが食べている野菜がどのような流通のルートを辿っているのかなど、詳しくお話ししていただきました。


 コロナの影響で玉ねぎの卸値が暴落した危機を、知恵を使って乗り越えたり、その年の気候に合わせてつくる野菜を決めたりと、農家ならではのお話もたくさんあり、なかなか聞くことのできないお話に、生徒たちも興味深そうに聞いていました。

 

 また、先生の「これからのさつま芋のお世話で一番大切なのは、さつま芋を見てあげること。人間も野菜も無視されると枯れてしまう。」の言葉には、深く頷いて心に残ったようでした。

 

 校内菜園のお芋がすくすく育つよう、生徒たちと見守りながら育てていきたいと思います。

 

 

 

  

 

 

 

一覧に戻る

ページの先頭へ