• HOME
  • お知らせ
  • 第2学期始業式、留学生歓迎式、表彰式、高校・中学剣道部「優勝報告会」を行いました

お知らせ

第2学期始業式、留学生歓迎式、表彰式、高校・中学剣道部「優勝報告会」を行いました

 

 

 

令和元年8月27日(火)2学期の始業式を行いました。国歌斉唱の後、校長先生より高校剣道部が今夏行われた2つの全国大会(玉竜旗とインターハイ)4年連続4連覇の優勝と全国中学校剣道大会で池田胡春さん(中3)の個人優勝、そのほかインターハイや九州大会・県大会に出場した部活動の結果報告がありました。また、“愚痴と不満は下り坂、歓喜と感謝は上り坂”という言葉について説明され、愚痴や不満ばかり言っているとどんどんダメな人間になっていくので、いろいろなことを喜び、あらゆるものに感謝する心を持って成長してほしいというお話がありました。

 

 その後、本日より総勢12名の外国人学生(信男教育学園文来高校から2名の転入生、「アジア高校生架け橋プロジェクト1」)の留学生10名(インドネシア、タイ、インド、マレーシア、ブルネイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、スリランカ)が来年の3月まで7ヶ月間共に学校生活を送ることになり、全校生徒で校歌を斉唱し留学生を歓迎しました。また、部活動の大会やコンテストに参加して活躍した生徒たちの表彰を行いました。

 

※1 平成29年6月5日に開催された国際交流会議「アジアの未来」に於いて、アジア諸国で日本語を学ぶ優秀な高校生を日本全国の高校に招聘し、日本人高校生との国際交流を深めることを目的とした、安倍総理大臣より提唱されたプロジェクト。

  

 

   

 

  

 

 

 

始業式終了後に、高校剣道部「玉竜旗高校剣道大会」と「インターハイ剣道大会団体」(いずれも4連覇)の優勝報告並びに「全国中学校体育大会」において剣道部の池田さんが個人優勝した報告会が行われました。優勝報告会では、高校剣道部を代表して主将の奥谷さん(高3)と中学剣道部の池田さん(中3)が「多くの方々の支えや応援のおかげで、優勝することができました。剣道部員それぞれが新たなステージで今後も頑張ってまいります。引き続き、応援よろしくお願いいたします。」と、それぞれお礼の言葉を述べました。


 

 

  

一覧に戻る

ページの先頭へ