• HOME
  • お知らせ
  • 【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 5日目 】 / America Field Work [5th Day]

お知らせ

【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 5日目 】 / America Field Work [5th Day]

平成31年3月8日(金)、アメリカフィールドワーク5日目の様子です。

 

午前中は幼稚園を訪問しました。生徒たちは、それぞれが事前に準備していた日本の遊びなどを通じて交流をしました。子どもたちに遊びを楽しんでもらうためには、様々な工夫が必要であり、昨日訪問した高齢者などが集まるコミュニティー施設を訪れた時とはまた違った刺激を受けているようでした。前回の経験をふまえて、子どもたちに遊び方をどのように説明したら理解してもらえるのか、あるいはうまくいかなかった点などを改善し、取り組んでいる様子が見られました。

 

午後の授業では、ネイティブスピーカーの話す速さに生徒たちは非常に苦労しながらも、理解できることから地道に取り組み、努力している姿が印象的でした。

 

アメリカ研修も5日目となり、生徒たちの表情に明らかな変化が見られます。最初は少し不安げな様子で学校生活を送っていた生徒たちが、今では「限られた時間の中で自分の成長につながるものは全て吸収したい」「理解できないことはまずメモをして、後でしっかり理解しなおす」と、非常に知的好奇心が旺盛で意欲的に取り組んでいます。各自の持つ課題の解決に向けて、残り数日間の研修を頑張ってほしいと思います。

  

In the morning, the students visited a kindergarten. There, the American children participated in the traditional games our students had prepared. Today’s experience was different from the other day at the community center. Now, the students had to be creative in order to get the young children understand and enjoy the activities. The students did their best to communicate and entertain the participants. 

 

During the afternoon classes, students listened carefully to the English speaking teachers. Even if sometimes it was hard, they tried to keep up with the natural speed of spoken English.

 

The students have changed during these five days in the US. They are less nervous now and eager to absorb every positive experience of their trip. When there is something they don’t understand, they take notes to research later. They are full of intellectual curiosity and hopefully they will make the best of the time.

 

 

 

 

 

一覧に戻る

ページの先頭へ