お知らせ

「2018年度SGH報告会」を実施しました

平成31年2月22日(金)、❝食と飢餓❞をテーマに「2018年度SGH報告会」を開催いたしました。 

 

SGH報告会は、生徒たちの日頃の課題研究の成果発表の場と位置づけて行っています。また、今夏の7月13日(土)に開催予定の❝「食」のサミット2019❞に向けて、全校生徒がサミットのテーマ世界における『食と飢餓』に関する諸問題とその解決策」~に基づいた課題に取り組むことで、食に関しての知識と理解を深め、より良い世界や今後の未来を考えていく機会としています。

 

【 オープニング / 開会の言葉 / 学校長挨拶 】 

 

  

 

【 第1部:生徒発表 】

 

SGコース(高校2年1組)の生徒たちによるマレーシア・シンガポールの海外フィールドワーク、SGH全国高校生フォーラム、Qカンファレンスの活動報告やニュージーランドからの留学生による「フードロス」についてのプレゼンテーションなどを行いました。

 

  

  

 

 

【 第2部:「食への感謝とフードロス減少に向けて」 

 

水仙会(生徒会)による「食への感謝」をテーマにした動画発表と「食と飢餓について~食品ロスをなくす調理法~」と題して、食物部が発表を行いました。また、食品ロスの対策の一つとして提案したエコクッキングのレシピで作ったコロッケをご来賓や本校生徒に試食していただきました。

 

 

  

 

【 第3部:ポスターセッション 】

 

各クラス代表生徒4名による「食と飢餓」をテーマとしたポスターセッションが行われ、発表者が見出した問題点や改善すべき事柄、その解決策について、様々な発表が繰り広げられました。

 

  

  

  

生徒たちは、これからも世界における飢餓の現状や原因とその対策について「自分たちができること」を一生懸命に考え、より深化した発表ができるよう引き続きしっかりと取り組んでいくと思います。ご期待ください。

 

❝「食」のサミット2019❞ についての詳細は、こちらよりご覧ください。

 

 

一覧に戻る

ページの先頭へ