お知らせ

高校3年生 「お弁当コンクール」結果発表

中村学園女子高等学校3年生の家庭科(調理実習)で、「創作料理」の実習としてお弁当作りを行い、投票形式で審査をしました。

 

現代は飽食の時代と言われ、外食産業や調理済み食品の普及には目を見張るものがあります。しかし、こうした食の簡便化、社会化により、調理技術の低下、栄養の偏り、味覚障害や食の安全性の問題等、さまざまな社会問題が派生してきていることも事実です。今回の「創作料理」の実習では、班で協力しながらお弁当の献立を立て、材料の選択から、準備、調理、片付けまでをすべて班で考え計画的に行いました。現代社会において、失われつつある調理の喜びや食事を楽しむことの大切さを知り、そのための知識や技術を身に付け、これからの食生活をより健康的で豊かなものにしていくことを目的としています。

 

【 お弁当を作るときの①~③のポイント 】

 

①バランスを考える

 ■いろどり

 黄色(にんじん、かぼちゃ)、緑色(野菜)、赤色(トマト、赤ピーマン)、

 黒色(のり、しいたけ)、白色(芋類)

 ■味の変化

 甘み、辛み、酸味など

 ■調理法の変化

 漬ける、煮る、焼く、炒める、揚げるなど

 ■栄養バランス

 第1群 卵、乳製品 / 第2群 魚、肉類、豆類 /

   第3群 果物、野菜、芋類 / 第4群 穀類、砂糖、油

 

②カロリーを考える

 1日の栄養所要量の1/3(生活活動強度が適度の場合、730kcal程度)を満たすようにする

 

③材料費を考える(一人300円)

 

 【結果発表】

 

第1位 「マシッソヨ弁当」 第2位 「まんぷく太郎弁当」 第3位 「トトロ弁当」

 

 

一覧に戻る

ページの先頭へ