• HOME
  • お知らせ
  • Cambridge:Perfect Match with Languages /一期一会~ことばとの出会いで世界が広がる~

お知らせ

Cambridge:Perfect Match with Languages /一期一会~ことばとの出会いで世界が広がる~

Hello there! I’m Juha, an English teacher at Nakamura Gakuen. In this article, I would like to tell you more about my background. I'll tell you about my first encounter with Japanese and how I began my journey towards becoming an English teacher.

 

While I was writing my master’s thesis about EFL, my university started offering Japanese classes. I had never been particularly interested in the most common Japanese cultural exports like anime and manga, but I decided to jump at the opportunity regardless. I wanted to challenge myself to learn a language that was in many ways completely different from the other languages I knew. I applied right away and got very lucky (or perhaps it was fate?!) – I was chosen as one of the first 15 students to minor in Japanese at my university.

 

I thought Japanese looked and sounded beautiful, but I found learning it to be quite challenging – much more so than the other languages I’d been studying up to that point: Swedish, English and German. Yes, English! Although I’m working as a “native” English teacher here, my first language is, in fact, Finnish. I started learning English in elementary school. We Finns are very lucky in that from an early age we are exposed to a wide variety of foreign languages through TV, movies, music and the Internet. That makes it easier for us to pick up new languages, even though Finnish, much like Japanese, is actually quite different from most languages of European origin. I really hope all the students learning English here at Nakamura Gakuen enjoy the challenge as much as I did!

 

こんにちは!英語科のユハです。今回は、少しだけ私の日本(語)と英語との出会いを紹介させてください。大学院で英語教育に関する修士論文を執筆していた時、大学が日本語の授業を開講することを知りました。マンガやアニメのような日本文化に興味があったわけではありませんが、新しい言葉の習得に興味があった私は、試しに受けてみようと申し込みました。そして、幸運にも日本語1期生の15名のうちの1名に選ばれたのです。

 

日本語はとても美しい読み書きをする言語だと感じましたが、同時にこれまで習得してきたスウェーデン語や英語、ドイツ語に比べとても難しく感じました。そう、今でこそ英語のプロとして英語教育に関わっていますが、フィンランド語を母語とする私にとって、英語はみなさんと同じように外国語の一つだったのです。フィンランド人は小学校で英語を学び始めます。そして、テレビや映画、音楽、インターネット等を通じて多くの言語に触れる機会があるため、日本語同様に難しい言語の一つと言われるフィンランド語を話す私たちフィンランド人は、早くから様々な言語を習得する人が多いのです。早い時期から英語を学ぶみなさん一人ひとりが、(私がかつてそうだったように)英語から始まる新しいチャレンジを楽しんでくれることを心から願っています!

 

  

 

 

ケンブリッジイングリッシュのシステムや過去の授業の様子は、

下記のボタンよりご覧いただけます。  

  

 

一覧に戻る

ページの先頭へ