• HOME
  • お知らせ
  • 【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 6日目 】 / America Field Work [6th Day]

お知らせ

【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 6日目 】 / America Field Work [6th Day]

 

 

平成30年3月9日(金)、高校1年生(希望者)アメリカフィールドワーク6日目の様子です。

午前中は、コーニング高校での授業。生徒たちはバディと受ける授業にも随分と慣れ、各自が意欲的に授業に参加しています。地理の授業の中で、日本や日本文化に関心の強い先生が私たちの住む「福岡」を紹介してくれました。これには本校の生徒たちも大喜び。コーニング高校の生徒や先生も非常に興味を持ち、色々と質問を受けました。お互いを知ろうとすることの大事さを改めて実感する機会となりました。

バディとの昼食時間は、新たな友達の輪を広げる絶好の機会。本校の生徒たちは積極的にコーニング高校の生徒に声を掛け、日に日に友達の輪を広げています。

午後からはコーニングの地域の名産であるオリーブについて学ぶため、コーニング高校のオリーブオイル工場を見学しました。工場のスタッフに設備を案内していただき、オリーブの収穫から精油までの工程を学習しました。コーニング高校で作られたオリーブオイルはその後、梱包されて世界中へ配送・販売されます。本校の生徒たちは、アメリカの一地方から世界へつながっていくさまを知り、「農業と食」「経済と国際社会」のつながりを実際に目の当たりしました。

このオリーブオイル工場では13種のオリーブオイルと9種類のバルサミコ酢が販売されており、そのうちの3種類をテイスティングしました。このテイスティングでは、普段出てくる料理だけでは分からない、それぞれの味や香りが異なるということを生徒たちは自分の舌で味わうことが出来ました。普段、料理で使われている調味料や食材が作られる工程や製法の違い、また生産者の顔が見えるかどうかで自分たちの見方も変わるということなど多くのことを学べた貴重な研修となりました。

SGHとしての探究活動の一環として、生徒はこの研修中にアメリカと日本の違いを調べ、まとめています。生徒は比較した上で、①アメリカの食事はとにかく量が多い、②間食が多い、③添加物が多い、といった点を見つけました。また、コーニングはカリフォルニア州のため身近にヒスパニックが多く、メキシカン料理が多いといった文化的な観点を指摘する生徒もいました。多くの違いがある日本とアメリカですが、「どちらの方が良いのか、悪いのか」「優れているのか、劣っているのか」という感情的な見方ではなく、「なぜそのようになっているのか、それぞれの現状のままでよいのだろうか」といった、両国の食にまつわる課題を浮き彫りにできれば、この研修の大きな成果となるのではないでしょうか。

今週末は2日間、それぞれの生徒がホストファミリーと過ごす休日となります。楽しい思い出をたくさん作って、日本に帰国したいと思います。

 

It’s the end of our first week in Corning, and the Nakamura students seem to be getting used to the lessons at CUH.  On the morning of March 9th, our students attended geography classes with a buddy, instead of with their host sisters.  The geography teacher was very familiar to Japan and Japanese culture.  During the lesson, he introduced home town Fukuoka to CUH students. We are very grateful that the Corning staff and students have been interested in our culture and have tried to get to know the Nakamura students.

 

After lunch with buddies and some new friends, we visited Lucero’s olive oil and were given a tour of the factory.  We learned how olive oil is processed and bottled.  This factory produces 13 kinds of olive oils and 9 kinds of balsamic vinegar, and these products are shipped to all over world.  After the tour, we had tasting of many kinds olive oil and balsamic vinegar.  For most of Nakamura students it was the first time to try balsamic vinegar, and they loved the taste of it.

 

As part of the SG programme, Nakamura students have been recording what they and their families have been eating during their stay in the U.S.  By keeping these food diaries, our students have noticed some differences of eating habit between Japanese and Americans.  First, the portion sizes that Americans eat for meals is often much bigger than what Japanese have.  Second, Americans tend to more snacks—such as chocolate, cookies, and chips—than we do between meals. Additionally, one of Nakamura’s students noticed that the snacks often of synthetic additives, and are often high in saturated fats and trans fats.  These kinds of fatty acids raise the level of cholesterol in your blood.

  

Another difference is in the cuisine available.  In Corning, there are many Hispanic and Latino Americans, which means we can find some Mexican restaurants around the town.  Authentic Mexican food is not easy to find in Japan.  This field work in America has given us all an opportunity consider relationships between eating habits and lifestyle of Japan and other countries.

 

This weekend will be the last time the Nakamura students spend with their host families.  On Monday, the students will have their final day at Corning Union high School before returning to Fukuoka.

 

  

  

  

 

一覧に戻る

ページの先頭へ