• HOME
  • お知らせ
  • 【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 3日目 】 / America Field Work [3rd Day]

お知らせ

【 高校1年生 アメリカフィールドワーク 3日目 】 / America Field Work [3rd Day]

平成30年3月6日(火)、高校1年生(希望者)アメリカフィールドワーク3日目の様子です。

本日の研修では、コーニングハイスクールから離れて2箇所の施設見学を行いました。

1箇所目は、フェアフィールドにあるジェリーベリーファクトリーという全米でも有名なお菓子工場です。工場内はまるで遊園地のような内装になっており、楽しくアメリカのお菓子産業を学べる施設となっています。生徒たちは色とりどりのお菓子がどのように製造されるのか、目を輝かせながら作業の工程を学習していました。工場の歴史や特色についても一通り学び、その後は広大な売店で家族や友人向けのお土産を購入。実際に販売される現場にも立ち会うことができ、アメリカの製造業の規模や商業展開のスケールの大きさを肌で実感しました。

 

On March 6th we took a one day trip to Fairfield, home to the Jelly Belly Candy Factory—the most famous family-run candy company in the US.  The students learned the history of the company and how jelly beans are made.  After the factory tour, they tried some jelly beans and bought souvenirs for their friends and families in Japan.

 

  

  

2箇所目は、カリフォルニア大学デービス校を訪問。この大学は農業や生物学分野では全米屈指の大学であり、生徒はそのスタッフや学生から実習農園の紹介と取り組みの説明をレクチャーしていただきました。学生は広大な実習農園を持っており、人工的な薬品などに頼るのではなく、自然の力、有機栽培などの方法によって農作物を育てていました。ミミズや食べ残しを利用した肥料の作製や蜂などを利用した栽培、天然の防虫成分を活用した農園など、さまざまなアイデアを学ぶことができました。人為的な力に頼るのではなく、あえて自然の力にこだわった実学としての農業を実践する姿勢に、それぞれの生徒にとって大きな学びとなったことでしょう。今後のSGH事業を考える上でも、また、日本の食や農業を考える上でも大切なことを学ぶことができた貴重な機会となりました。

  

After the morning tour at Jelly Belly, we visited University of California in Davis. There, some UC Davis students and staff led a tour of the student farm.  Through the student farm, UC students research on organic farming, sustainable agriculture and environmental education.

 

While walking through the farm, we learned about sustainable agriculture.  The most interesting project on this farm is called “Community Supported Agriculture.”  The UC Davis students grow organic vegetables by themselves, and then eat or sell the produce to the local community.  Every week, customers request certain vegetables and pay in advance.  Then, student farmers grow only the amount needed. This system benefits both customers and farmers.  Nakamura students are required to do research on “food related issues” as a part of the SG programme. Seeing this farm at work gave our students new ideas and helped boost their motivation. 

 

Jelly beans and vegetables are both common in our everyday lives.  But the way they are made and consumed differ greatly.  Seeing both processes in action gave the students plenty of food for thought.

 

  

 

一覧に戻る

ページの先頭へ