お知らせ

「第63回西日本スポーツ賞」を受賞しました

 

同賞は、西日本新聞社が1956年に制定。西日本地区に密接な関係を持ち、日本のスポーツ史上に功績として輝く人、団体に贈るものです。

 

本校剣道部は、昨年の3月に行われた全国高校選抜大会、7月の玉竜旗高校剣道大会、8月の全国高校総体剣道大会において優勝を果たし、高校3冠を達成。加えて、妹尾舞香(2年)さんが全国高校総体の個人において優勝した快挙が認められたもので、アマチュア部門で昨年度に続く2年連続の受賞となりました。

 

またプロフェッショナル部門では、団体がサッカーJ1に初昇格を果たしたV・ファーレン長崎、個人ではプロ野球ソフトバンクホークスの2年ぶり日本一に貢献した今宮健太選手が選出されました。

 

平成30年1月27日(土)、天神スカイホールにて行われた贈呈式には、本校から剣道部の岩城規彦監督と山崎里奈主将(3年)ら部員・関係者が出席。西日本新聞社の柴田建哉代表取締役社長から表彰状と記念のレリーフが贈られました。 

 

受賞者を代表して山崎主将は「スポーツを通じて人々に夢や希望を与えられるよう、これからも精進していきます」とあいさつ、会場から大きな拍手を受けました。

 

また岩城規彦監督は、3月の全国高校選抜大会から始まる新たな冠争いに向けて、この受賞を励みに頑張りたいと抱負を語りました。

  

   

一覧に戻る

ページの先頭へ