• HOME
  • お知らせ
  • 中学2年生が農業体験『カブ・大根・白菜の収穫』を行いました

お知らせ

中学2年生が農業体験『カブ・大根・白菜の収穫』を行いました

中村学園女子中学校では、各学年が年間を通して農業体験を実施。季節とともに成長する植物にふれ、自然の恵みを感じ、農作業を通じて作物を育てる生産者の苦労を知り、「命をいただく」ことを感謝する心を育む機会としています。

 

平成29年12月11日(月)、中学2年生がJA福岡市の食農ティーチャーよりご指導頂き、校内菜園においてカブ・大根・白菜の収穫を行いました。カブと大根は、3分の1ほど白いからだが土から浮いており、簡単に抜くことができました。白菜の収穫をする際は、包丁の使い方や力のいれ具合などのコツを自分たちで工夫し、それぞれ周りにいる生徒と協力し合いながら楽しそうに作業を行っていました。その後キャベツの追肥を行い、本日の作業を終えました。

 

本日収穫した野菜については、冬休みの宿題として調理レポートの作成・提出を予定しています。生徒たちがどのような調理をしてレポートを提出するのか、今から楽しみです。

 

  

  

一覧に戻る

ページの先頭へ