• HOME
  • お知らせ
  • 高校2年SGコースの海外フィールドワークの様子【3日目】/ SG class field work abroad. Day 3: Home visit

お知らせ

高校2年SGコースの海外フィールドワークの様子【3日目】/ SG class field work abroad. Day 3: Home visit

平成29年10月31日(火)、午前中にメラユ・ラヤ村でホームビジットを体験しました。マレーの民族衣装を身に着けたり、マレーの家庭料理に舌つづみをうちました。初めて手でカレーをいただいた生徒の中には味わいの違いを感じた生徒もいたようです。ジョホールバルからメラユ・ラヤ村の道中は、パーム椰子の葉だけが一面に広がっており、英語の授業で題材になっていた「パーム椰子と環境問題」に直面する場面もありました。

 

午後からは文化村を見学に行きました。蝋染めや石鹸作り、インド料理の実演と体験、マレー舞踊の見学など多種多様な文化に触れる充実した一日となりました。

 

Today, students spent the morning experiencing traditional Malay culture with host families in Malayu Raya village. One aspect of the culture the students discovered was in eating.  Traditional Malaysian meals are eaten with the hands rather than forks, spoons, or chopsticks.  From this experience, students realized that we use different parts of our tongues when eating with utensils.  This affects how we experience the taste and texture of foods. 

 

In the afternoon, students said goodbye to the host families, and visited the Culture Center.  There, students saw the diversity of Malaysia by learning about Indian food culture.  They also learned about one of Malaysia’s most important items in the tourism industry: soap making. The students were able to broaden their perspectives through seeing different aspects of Malaysia.

 

 

 

 

 

一覧に戻る

ページの先頭へ