• HOME
  • お知らせ
  • 「食」のサミットの提言書を正式に提出しました!/ Officially Submitted our Joint Statement!

お知らせ

「食」のサミットの提言書を正式に提出しました!/ Officially Submitted our Joint Statement!

平成29年10月4日(水)、「食」のサミットで代表チーム6チームが作成した共同宣言を正式に国連WFP協会へ提出いたしました。

 

今回の「食」のサミットでは、テーマを「グローバリゼーションと郷土料理」「浪費的な消費の削減」「貧困と飢餓の撲滅」「健康的な食生活」の4つに設定し幅広くアイディアを募集したため、サミットの参加者たちは皆とても苦労しながらアクションプランについても審議していましたが、それぞれ自分達のコミュニティで課題解決を実現するためのアクションプランについても提言することができました。

この「食」のサミットが、世界の諸問題を自分の問題として捉え、その解決に向けて取り組む大切さを参加者全員が意識し、それぞれのコミュニティでアクションプランを実践するきっかけになればと思います。

 

On October 4th, we completed the final activity for Food Summit 2017:  we officially submitted our Joint Statement to the Japan Association for the World Food Programme.

 

The teams at the Food Summit focused on several topics: Globalization and Traditional Food; Sustainability and Reduction of Wasteful Consumption; Eradication of Poverty and Hunger; and Health and Food Culture. As each team was focused on a different topic, it took quite a while to come up with a unified statement. However, after the group discussions, the participants were able to create a Joint Statement regarding the results of their discussions and research.

 

Through the Food Summit 2017, we hope that not only Nakamura students, but all people involved in the Summit could better understand the importance of both having awareness of global issues, as well as taking action to solve those issues. 

 

 

 

 【国連WFP協会へ提出した共同宣言】

 

 

 

一覧に戻る

ページの先頭へ