• HOME
  • お知らせ
  • 高校1年生グローバルキャンパスの様子【 B団 2日目 】 / Global Campus (Group B Day 2)

お知らせ

高校1年生グローバルキャンパスの様子【 B団 2日目 】 / Global Campus (Group B Day 2)

平成29年9月15日(金)、B団のグローバルキャンパス2日目の様子です。午前中、フィジー出身のリーダーによるプレゼンテーションが行われました。テーマは「グローバル社会に生きること」。フィジーと日本の類似点や相違点に触れながら、国際社会の問題は私たちの日常生活に大きく影響を与えていることを分かりやすく述べてくれました。また、国際社会で大切なキーワードとして「コミュニケーション」と「ネットワーク」の二つを挙げていました。自国を離れて夢を追求しているリーダーたちの前向きな姿勢は、生徒たちにとって大いに刺激となりました。

 

その後、各グループの探究テーマについてプレゼンテーションの準備と発表練習を行いました。限られた時間の中で、リーダーと意見を交換しながら熱心に作業を進めていました。クラス予選の発表後に、生徒たちは「英語での表現力が足りない」「アイコンタクトが難しい」「順序立てて計画的に進めることが必要だった」など、プレゼンテーション力を高めるために必要なことを再認識していました。

 

Our second day of Global Campus for this set of Nakamura students began with a presentation by a Global Leader from Fiji.  The theme of his presentation was “What Does it Mean to Live in a Global Society?”  He showed some similarities and differences between Fiji and Japan, and helped students recognize that global issues affect out daily life.  He also gave the students two keywords to remember to help realize their dreams in today’s global society: Communication and Network.  The Global Leaders’ positive attitudes toward their dreams were an inspiration to Nakamura’s students.

 

After the presentation, our students worked together to prepare their final presentations based of their research.  Although they tried hard to make their presentations in class, the students also found it very challenging.  “We can’t express our ideas well in English,” they said.  “Keeping eye-contact is difficult,” they added.  Finally, some also said “Planning is important.”  These realizations will help the students better prepare for their future school and work lives.

 

   

 

 

一覧に戻る

ページの先頭へ