• HOME
  • お知らせ
  • 高2年生 SGコース探究科「食と環境」の講話が行われました / Guest Speaker for "Food and Environment"

お知らせ

高2年生 SGコース探究科「食と環境」の講話が行われました / Guest Speaker for "Food and Environment"

高校2年生SGコース「探究科」では、現在「食と環境」の内容を学習しています。この一環として、822日(月)に九州大学生物環境利用推進センターの江口壽彦先生をお迎えし、「食と農業」というテーマで講話をしていただきました。


農業とは何か、農学とは何かを説明される中で、「作物=食」としての生物と環境とに密接な関わりがあること、環境には様々な要因があることがわかりました。また、日本は地方によって環境に特徴があるので、そこで生産される農産物としての特産品もバラエティーに富んでいます。旅をより楽しいものにするために、行き先の気候や歴史にも目を向けることを勧められました。さらに、福岡の特産品や、ご自身のドイツ・ベトナムでの農業研修などの話題にもふれられることで、地元の農業や環境の特色、ご研究の内容をより身近に考えることができました。

 

On August 22nd, Mr. Yoshihiko Eguchi of Kyushu University was a gust lecturer for the 11th grade SG students’ research class. First, Mr. Eguchi explained what agriculture is, and what Kyushu University’s Agriculture Department researches in general.  He then explained to us how the environment of growing crops makes differences to the products. For example,  this is why oranges grown in one place may taste different from oranges grown in another.  As each region of Japan has a different climate, the agriculture of Japan has a great variety.  Mr. Eguchi’s lecture helped us consider the importance of variety and the idea of local production for local consumption.

 

Agriculture is perhaps the most significant element of our lives.  Civilization as we know it grew from agriculture.  As such, it is important for us to know and understand the various ways agriculture differs from place to place.  We hope the students gained insight into these differences and can use the knowledge in their futures.

 

 

一覧に戻る

ページの先頭へ