• HOME
  • お知らせ
  • 第2クール「食と社会文化」でハラル調理実習 / “Food and Society” Halal Cooking

お知らせ

第2クール「食と社会文化」でハラル調理実習 / “Food and Society” Halal Cooking

6月10日(土)、SGコースである2年1組では探究科第1クール「食と社会文化」にて特別授業を実施しました。昨年に引き続き、インドネシア出身の石橋ヘルミンダワティ先生に講師として来校いただき、まずはイスラム教やムスリムの暮らしについてご講話いただきました。質疑応答では、多くの質問がありました。「ムスリムの女性は何歳くらいからヒジャブ(髪を隠すためのスカーフ)なの?」「もっと理解してほしいと思う点は?」という質問に、「ムスリムの子ども達への給食の配慮」を例にご回答いただきました。レクチャー後は、ムスリムの方でも口に出来る「ハラル調理実習」として、インドネシア風春巻きとぶりの照り焼きをつくりました。肉を使わずに卵を具として作ることや、食材としてアルコールを使わないためブリの臭みとりとして料理酒ではなくお湯を使うことなど、実践を通してムスリムの方々とも楽しめる食事を作りました。

 

これからは福岡も益々グローバル化が進み、様々な国の方々との食事の機会もあるでしょう。生徒にも異なるバックグラウンドを持つ人たちの目線にたって、おもてなしができるよう育ってほしいと思います。

 

On June 10th, we had a special lesson on Food and Society for the 11th Grade SG students.  We invited Ms. Helmindawati Ishibashi for the second time from last yearas a guest lecturer to teach students about Islam, Muslim life in Fukuoka, and of course, Halal cooking.  The students showed great interest in the lecture and asked many pointed questions.  By listening to Ms. Ishibashi’s answers, the students could gain a deeper knowledge of life for Muslims in Japan.

After the lecture, the students enjoyed a lesson in Halal cooking with Ms. Ishibashi.  They cooked yellowtail with sweet soy sauce and then deep-fried spring rolls.  Instead of pork, egg was used as spring-roll filling.  Additionally, instead of using sake in the cooking, students used boiling water to eliminate odors from fish.

 

As Fukuoka gains more and more foreigners, it becomes a more internationally minded city.  We will likely have occasion to dine with foreign guests in the future.  Lessons such as the one on June 10th will help us improve our hospitality to diverse guests.

 

  

 

 

一覧に戻る

ページの先頭へ