卒業生からのメッセージ

女子校だから得られた本音をぶつけ合える友達 スポーツクラブ勤務 原口 明子さん 2001年度卒業 中村学園大学 家政学部食物栄養学科(現:栄養科学部栄養科学科)卒業

私が高校生活で得たものは、友人、仲間、恩師、そしてチームワーク。「中村」には明るく純粋な生徒が多く、生徒想いの先生方もたくさん。部活動が盛んだったので「上」を目指す一生懸命な姿も、いつも近くにありました。共に笑い合い本音をぶつけ合ってすごした日々や経験、感動があるから、仕事でつらい時も乗り越える事ができています。

現在はスポーツクラブに勤務し、食の大切さや運動の大切さ・楽しさを広めることを目標に、やりがいを持ってがんばっています。

原口明子さんのイメージ
木原由衣さんのイメージ

他校では学ぶことができない魅力がたくさん! 保育園勤務 木原 由衣さん 2008年卒業生 
中村学園大学 人間発達学部 人間発達学科(現:教育学部児童幼児教育学科)卒業

私は保育士1年生です。大勢の子どもたちと向き合うのは大変な仕事ですが、子どもたちの日々の成長や笑顔をみると疲れていてもがんばれます。

中村学園は校則など厳しいですが、社会へ出ると校則以上に厳しいこともたくさん。高校にいる時には気づきませんでしたが、勉強だけでなく礼儀や身だしなみ、掃除の大切さなど、社会にでてからも役立つことをたくさん学べました。それは他校にはない、中村学園女子高校の魅力のひとつだと思います。

挑戦は、新しい夢につながる一歩。 全日空グランドスタッフ 小林 美紀さん 2008年卒業生 法政大学 社会学部社会学科卒業

高校生活で大切だと思ったことが3つあります。
1.常に感謝の気持ちを持つこと。2.挑戦すること。3.友だちを大切にすること。特に、常に挑戦し続ける気持ちの大切さを学びました。

「人に寄り添う仕事に就きたい」という思いからグランドスタッフを志し、その勉強ができる環境が整った大学を志望して希望の職業に就くことができました。皆さんの中には夢が決まっている人、迷っている人、さまざまだと思いますが「自分がなにをしたいのか」という気持ちを大切にしてください。

小林美紀さんのイメージ
吉村紀美子さんのイメージ

学んだことは、どんなことにも挑戦する心です。西日本シティ銀行勤務 吉村 紀美子さん 2008年卒業生 明治大学 商学部商学科卒業

高校では剣道部に所属していました。仲間とともに日本一を目指して必死にがんばったのは一番の思い出です。大学に進学してからも剣道を続け、就職してからも実業団チームで続けています。

中村では「挑戦すること」を学びました。剣道の試合の時の合言葉にもなっていました。中村で学んだ ことは、社会にでると、とても大事になっていく事ばかり。人として大切なことを学べることに感謝し、また、挑戦する心を忘れずにがんばってください。

先生方の厳しさも、今は有難く思います。食品メーカー入社・退社/現在フードコーディネーター資格取得のため勉強中 立石 千明さん 2001年卒業生 中村学園大学短期大学部 食物栄養学科卒業

中村の先生方は厳しいです。でも今思えば注意してもらえることは幸せです。先生方は生徒と一緒に喜びや悲しみを感じてくれる素敵な方ばかりでした。高校の時に学んだ道徳や礼法は、社会に出て一番大切な、人としての心のあり方を教えてくれました。「努力の上に花が咲く」は私にとって座 右の銘です。

今は資格取得のため勉強中ですが、今後は食に関する仕事に就き、食卓を笑顔でいっぱいにするような料理を提案していきたいです。

立石千明さんのイメージ

ページの先頭へ